中期経営計画の策定を通じて「実現したい世界観」に一直線に向かう取り組みと考え方とは?

「中期経営計画」は事業が落ち着いたタイミング、安定したタイミングで作られるものと捉えられている方も少なくないと思いますが、経営スタイルによって動き方は様々あります。

今回は、パッショントラスト社と行った中期経営計画を通じ、創業期に「実現したい世界観」を可視化したJNI Bank株式会社の菊池社長に、取り組みの経緯や成果について伺います。

##JNI Bank株式会社の紹介

―本日はありがとうございます。では、最初に会社でどういったことをされているのか、かんたんにお伺いできますか。

弊社は「FP事務所」です。toC、toB関わらずお金の相談全般を受ける会社ですね。

toCは「お金の人生計画」とも言えるライフプランなどでイメージがつきやすいとは思いますが、toBの場合は企業の財務・税務、場合によっては法務や福利厚生などまで、実務の領域を中心にお手伝いしています。

##なぜ中期経営計画策定に至ったのか

―ありがとうございます。今回はパッショントラスト社とのコンサルティングプロジェクトの取り組みについてお伺いしたいのですが、一緒にお仕事する経緯はどのような形であったのでしょうか。

パッショントラスト社の中尾社長とは、前職時代の先輩後輩関係(菊池社長が後輩)です。2人とも別々の道に進んでから、道端で偶然会ったのがきっかけでした。

当時は会社の創業期で、これからどういう方向性で会社を成長させていこうか、考えていた時期でした。

会社の課題自体は頭の中でイメージはできていて、事業計画も作る予定でしたが、資料として作り込むのも大変だなと思っていた矢先に先ほどの出会いがあったんです。

事業計画について自分の話を聞いて、客観的にまとめてくれるNo2のポジションの方も当時いなかったですし、コンサルティングの会社によくあることだとは思うのですが、自分たちの事業を自分たちで客観的に見るのも難しいところがある。

そこで、偶然再開した中尾社長に相談させていただいて、プロジェクトを進めることになったという経緯です。

中尾社長とはコンサルティングのプロジェクトとしてだけでなく、ビジネスパートナーとしてもやっていける可能性があった期待感も、意思決定の後押しになりましたね。

―融資に使うもの以外で創業期から事業計画を作ろうというのは個人的には珍しいケースだと考えているのですが、何か「事業計画があった方が良い」と考えられるきっかけがあったのでしょうか。

私は別の会社も経営しておりまして、その時の経験からです。

事業計画を作ることに関する重要性や、作らないことによるリスクは重々承知していたので、作ったほうが良いという頭は創業期からありましたね。

物事を計画して進めるときって「決める」作業が一番大変で、逆に言うと「決める」ことさえ終わってしまえば後は流れるように進むと思っているのですが、その一番大変な負荷を、外部の客観的な視点から一部担ってもらえるというのはありがたいですね。

##コンサルティングを導入することに対する不安と導入後のギャップ

―なるほど。ちなみに、コンサルティングプロジェクトの導入は初めてとお伺いしていたのですが、導入にあたって不安に思っていたことはありましたか。

中尾社長とは先輩後輩の関係だったとは言え、「パッショントラスト社にどこまでやっていただけるのだろうか」という不安はありました。

ただ、もともと自分で会社をやっていた経験から、このまま進むと組織の未来と自分のイメージしている未来にギャップが出てしまうという想定がある程度ある中で、今後出てくるであろう課題の方がはるかに不安でした。

ですので、その課題に対する不安と比べれば、実施するメリットの方が効果は高いだろうと判断した形ですね。もともと知っている間柄の中尾社長であれば、裏切らないだろうという担保もありましたしね(笑)

―ちなみに、プロジェクトが始まってからはどのようなやり取りをされたのですか?

我々のビジネスって、わかりやすいプロダクトがあって、「これだけ売っていきましょう」というものでもないので、ひとことでは言い表しにくいんです。

そういった背景も含めて自分の頭の中にたくさんキーワードとなる要素が散らばっていたので、それを話せるだけ話して資料化していただきました。

例えば、我々の収益の柱の1つが保険代理業なのですが、この事業を伸ばそうとしすぎると、今後実現したい世界観とギャップが出てしまう。

こういった、やっていることと将来のギャップみたいなものを整理し、可視化し、数値化していくような形ですね。

―プロジェクトを本格的に始めた後のギャップというか、「ここまでやってくれるんだ」というところがあればぜひご教示いただけますと幸いです。

一般的なコンサルティング会社が数回で済ませてしまうようなヒアリングを、時間をかけて実施していただいたところですね。相当話は聞いてもらったと思います。

中尾社長には変にフレームにはめようとせず、「本当の意味でどこに向かいたいのか」というところに、気持ちや感情の整理も含めて真摯に向き合っていただきました

計画を作りきっても、すべての不安がすっきりするということはないと思っていて。それでもここまでしっかり聞いていただいた上であれば、納得して向き合っていけるのかなと。

資料については、「マーケット調査」「競合他社比較」など、表面をなぞっただけではない質の情報が盛り込まれていて、資料の作り込みレベルも期待値以上のものがありましたね。

##中期経営計画の成果と今後の展望

―ありがとうございます。次は実際のプロジェクトの成果についてですね。現在、中期経営計画の落とし込みのフェーズということで定性的な内容がメインになると思いますが、定量的な成果ももしあればお伺いさせてください。

まず定量で言うと、数値に落とした見込み計画の部分が、そのまま進捗していることは、目標を数値化して可視化した結果の成果と言えるかと思っています。

定性で言うと、「こういう世界観をつくりたい」というところが明確になったので、その世界観に一直線に進めていることですね。

社内社外問わず、つくりたい世界観についてアウトプットしているので、会社のスタンスが社内外に理解されやすくなりましたし、気持ちがぶれていないからか、メンバーもついていきやすくなっているのではないでしょうか。

あとは、事業計画通りに進んでいるので、メンバーも成長が実感できていると思います。計画通りに会社が成長することで会える人が増えたり、業務の幅が広がったりと見える景色が変わってくるところに個人の成長を感じられるのかなと。

―コロナなどで状況が不透明な中、計画通り進んでいるのは素晴らしい実行力ですね。今後はどういう世界を目指して活動されていくのでしょうか。

お金のことってみんなが興味を持つ分野ですよね。

そういう意味で、FPというのは個人法人関係なく誰にでも必要だと思っています。

一方で、お金のことは誰に相談したら良いかわからないというのが現状です。

FPという職種が当たり前になって、誰もが気軽に相談できる。FPを通じてお金のことであれば、出会いたい人にいつでも出会える場がある、という世界を目指していきたいと考えています。

そこで、我々がプラットフォーマーとしての役割を担っているイメージですね。

##パッショントラスト社の強みと、親和性がありそうな会社とは

―ありがとうございます。ここまでパッショントラスト社との取り組みの詳細についてお伺いしてきましたが、最後にパッショントラスト社の良いところ、こんな会社さんとは親和性がありそう、というところがあれば、お聞かせいただけますか。

まず、一般的なコンサルティング会社と比べての良いところで言うと、決まったものを無理やり当て込まないところですね。

その会社、その人に合わせた相談ができるところが強みだと思います。

また、今回のプロジェクトを進める上で「3人」というのが絶妙なバランスだと思っていて。そういう意味では方向性の大枠を示してくれる中尾社長、細かい内容について整理してくれる坂下取締役とのそれぞれの役割は各々のコンサルタントの専門性を発揮していますね。

個人のコンサルタントはほぼ1人で動いていますし、法人でもずっと1人の担当から変わらないところもありますが、パッショントラスト社はこういった「チーム力」も売りなのではないかと思います。

あと、個人でいうと、「主張があるが形にできていない経営者さん」は相性が良いのではないでしょうか。

経営者さんの中でもそもそも主張がなかったり、意思決定を丸投げしてしまったりする方も少なくないですが、そうではなくて、「喧嘩になってでも本音で付き合いたい」とか、「使いこなしてやろう」という意気込みがあるとか、言い合える関係を期待されている方とは合うと思います。

中尾社長は先生面もしないですし、コンサルタントの中ではざっくばらんにお話できますね(笑)。